時事ネタ

土屋美和のアナウンサー経歴は嘘?「さ入れ言葉」が不自然すぎる!

土屋美和

菅総理お気に入りの土屋美和都議が経歴詐称疑惑で話題になっていますね。

ニューヨーク大学経営大学院に続いて「金融専門アナウンサー」の経歴にも疑惑が生じています。

今回は、土屋美和都議の「金融専門アナウンサー」経歴疑惑について徹底検証していきます!

土屋美和のアナウンサー経歴は嘘?

2021年7月14日の週刊文春で土屋美和都議の経歴の詐称疑惑が報じられました。

7月4日に行われた東京都議選。世田谷選挙区(定数8)で、8位で初当選を果たした自民党の土屋美和都議(43)に、学歴や居住地を巡る詐称疑惑があることが「週刊文春」の取材で分かった。
引用元:「菅総理とメル友です」自民女性都議43歳に経歴詐称の疑い

土屋美和都議のHPに、大学卒業後「(株)時事通信社の金融専門放送のアナウンサー」と書いてあります。

土屋美和のアナウンサー経歴
引用元:土屋美和 自民党世田谷総支部政策委員

しかし土屋美和都議のアナウンサー時代の画像や情報は調べてみても一切出てきませんでした・・

土屋美和都議が本当にアナウンサーをしていたのなら、画像の1つくらい出てきてもいいと思うのですが・・

土屋美和都議のアナウンサー経歴が嘘!とまでは言い切れませんが、本当という証拠もないというのが事実です。

土屋美和の「さ入れ言葉」が不自然すぎる!

アナウンサーといえば言葉遣いに厳しく、正しい言葉で話すプロ中のプロですよね。

アナウンサー経歴のある土屋美和都議は、間違った言葉遣いの「さ入れ言葉」を話しています。

土屋美和②
引用元:Twitter

土屋美和都議は2021年6月18日に等々力駅で挨拶をしています。

こちらの動画の0:07~「等々力駅で行わさせていただきました。」と話しています。

土屋美和都議が話した「行わさせていただきました」は、「さ入れ言葉」という間違った言葉遣いです。

「させていただきます」という言葉を使わない場面が2つあります。

それは「自分で判断して行う行為」「自分が行う事があらかじめ決まっている行為」の2つです。

土屋美和都議は自分で等々力駅に行くことを、あらかじめ自分で決めて挨拶していますよね。

なので正しい言葉遣いは「等々力駅で行わせていただきました。」になります。

「させていただきます」という言い方は

 1.自分で判断して行う行為

   2.自分が行う事があらかじめ決まっている行為 

には使いません。
引用元:さ入れ言葉の一覧・見分け方と原因

例えば「行く」「使う」などの動詞の後には、本来「させる」ではなく、「せる」が続くため、「行かせていただきます」「使わせていただきます」となります。
引用元:日本語研究室

土屋美和都議が本当にアナウンサーをしていたのなら、あり得ない間違いですよね・・

真相は分かりませんが、土屋美和都議はアナウンサーらしからぬ言葉遣いということは分かりました。