時事ネタ

gotoトラベル対象外の地域!東京は?予約済みの場合、追加料金は?

トラベル中止

2020年11月24、赤羽国土交通大臣から『gotoトラベルを一時停止にする』という発表が行われました。

現段階でgotoトラベル一時停止(対象外)は、感染が拡大している一部地域とのことです。

この記事では

  • gotoトラベル対象外になった地域
  • 予約済み(支払い済み)の場合、追加料金は発生するのか?

について、分かりやすくまとめてみました!

gotoトラベル対象外の地域まとめ!

gotoトラベルが対象外になった地域はどこなのでしょうか?

飛行機

gotoトラベル対象外の地域

gotoトラベル対象外になった地域は、北海道札幌市大阪府大阪市です。

この2つの地域を目的とする旅行について、11月24日~12月15日までの間、新規予約についてgotoトラベルの割引対象外になります。

赤羽国土交通相は会見で、札幌市と大阪市を目的地とする旅行について、24日から12月15日までの間、新規予約について割引の対象から除外すると発表しました。
引用元:札幌市と大阪市”GoTo”から一時、除外

gotoトラベルが一時停止(対象外)になった地域は、決定した日から3週間ほど事業から除外する方針。

逆に、gotoトラベル対象外の地域から他県へ旅行に出るのは、gotoトラベル対象になります!

ネット上ではこのことについて、批判の声があるようです。

西村大臣は、gotoトラベル対象外が目的地のみに限定されているのは「医療が逼迫しているところに多くの人が訪れないようにするため」と、説明しています。

西村大臣は一時停止が目的地に限定されているのは、「医療が逼迫しているところに、多くの人が訪れて病床に大きな影響が生じるのを避けるため」と説明。出発地の除外については、様々な意見をしっかり受け止めたいと述べるにとどめました。
引用元:GoToトラベル一時停止「出発地も対象など再考を」知事会

gotoトラベル対象外になった地域から出発する旅行は、gotoトラベル対象外にはならない。

東京は、gotoトラベル対象外になるのか?

札幌市・大阪市のgotoトラベル対象外が発表されましたが、感染者が多い『東京』が含まれていないことに疑問を持つ声が多くあるようです。

2020年11月24日に小池都知事が、gotoトラベルの一時停止(対象外)を巡り菅首相と会談しました。

小池都知事は「国と連携しながらコロナ対策をやっていく」とのこと。

小池都知事は、「東京都のコロナ感染の状況など、首相と状況を共有した」「西村担当大臣と菅総理とも確認し、国と連携しながらコロナ対策をやっていく」などと話しました。
引用元:首相と会談終了 小池知事「連携し対策を」

現段階では、東京のgotoトラベルは継続の方向のようです。

なお、東京がgotoトラベル対象外にならないのは”ある理由”があるからとの意見もありました。

東京がgotoトラベル対象外にならないのは、菅総理の意向がある。との声があるそうです。

政府関係者からは「総理は東京を外したくない。『GoToトラベル』が失策だったという証明になってしまうから」という声が聞こえています。また、「東京を外すと、元に戻しづらくなる」という理由もあるようです。
引用元:どうなる東京GoToトラベル

東京gotoトラベルについて
引用元:Twitter

いくら菅総理の意向があっても、今後の感染者の状況によっては東京も対象外になる可能性は高そうです。

 

gotoトラベル予約済みの場合、追加料金は?

gotoトラベル対象外の地域にすでに旅行を予約している!どうなるの?

と困惑する方も居るかと思いますので、解説していきますね。

追加料金

gotoトラベル予約済みの場合、追加料金は?

gotoトラベル対象外の地域への旅行をすでに予約済みの分も割引の対象から外す。ということが発表されました。

赤羽国土交通大臣は「GoToトラベル」の対象から除外された地域を目的とした旅行について、すでに予約済みの分も割引の対象から外すと発表しました。
引用元:GoToトラベル 予約済みも割引対象外に

予約済みの旅行も割引は適用されなくなるので、すでに予約&支払い済みの場合でも通常料金となり、追加料金が発生することになります。

政府は停止が決まった場合、予約済み旅行も割引を適用せず、通常料金とすることで解約を促す方針だ。キャンセル料負担が発生しないようにした上で、食材などの手配で旅行会社や宿泊施設に損失が出た場合は国が補てんする方向で詰める。
引用元:GoTo札幌、大阪停止へ 予約済みの割引は適用せず出発分は容認で調整

すでに予約済みの場合、割引対象となるのはいつまでか?

gotoトラベル対象外の地域へ予約済みの旅行に関して、12月1日出発分まではgotoトラベルの割引が適用されます。

また12月3日までにキャンセルした場合、キャンセル料は国が事業者に補填する形となり、利用者への負担はないようです。

すでに予約した旅行については、12月1日出発分までは割引の対象となるとしています。これに伴うキャンセル料については、利用者に負担がかからないようにするということです。 キャンセルされた事業者に対しては、12月3日までは旅行代金の35%を一律に国が補償すると明らかにしました。
引用元:札幌市と大阪市”GoTo”から一時、除外